【OBJECT】

今月に京都で開催されるアートフェア、OBJECTに参加します。
土と貝殻を焼いた人型作品「容」シリーズをいくつか出します。

立体作品を中心とした、オルタナティブなアートフェアということで、
私の作品も並べていただけることになりました。アートフェアに作品を出すのは、
とてもとても久しぶりです。

先行してinstagramで参加作家の紹介がされています。
https://www.instagram.com/o_b_ject/
当日も、実作品を観にぜひともお運び下さい。

また、開催資金獲得のため、クラウドファンディングで支援を募っています。
こちらもよろしくお願いします。
https://readyfor.jp/projects/object


OBJECT(オブジェクト)
日時:2019年11月23日(土)11:00-21:00
24日(日)11:00-19:00
会場:京都岡崎 蔦屋書店1F
入場無料

https://objectcommittee.tumblr.com/

【ALLNIGHT HAPS 2018 「信仰」アーカイブ冊子】

ALLNIGHT HAPS 2018「信仰」のアーカイブ冊子が出来ました。

「信仰」をテーマに開催された、3つの展覧会の記録とレビューを掲載。

装丁は一見、冊子状ですが、それぞれ展覧会ごとに独立した、リーフレットになっています。

 

目次

vol.1 碓井ゆい

展覧会レヴュー:はらだ有彩(テキストレーター)

vol.2 温田山

展覧会レヴュー:島貫泰介(美術ライター/編集者)

vol.3 谷澤紗和子×藤野可織

展覧会レヴュー:太田明日香(フリーランス編集者/ライター)

信仰展について:谷澤紗和子(美術作家・本展キュレーター)

        はがみちこ(アート・メディエーター)

 

編集:谷澤紗和子

デザイン:大西正一

写真:賀集東悟 /沢田朔(vol.2温田山ワークショップ写真)

発行:うんとこスタジオ

協力:一般社団法人HAPS

 

以下のサイトより、ご購入いただけます。

https://zawasawa.stores.jp/items/5da52f15ff78bd7cf4325a75

【ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび】

ボーダレスアートミュージアムNO-MA による展覧会

「ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび」に参加します。

藤野可織さんとのコラボレーション作品、二点を展示します。

これまでに制作した、《無名》と、《信仰》の両作品を一度にみていただける機会になりました。

 

展示場所は、近江八幡瓦を製造されてきた寺本家の邸宅、推定築180年の町家です。

過去作ではありますが、新たな展示空間に合わせた設えを準備しています。

ぜひご来場ください。

 

「ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび」

2019年9月21日(土)~11月24日(日)

会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(近江八幡市永原町上16)

   +近郊5会場(奥村家住宅・岡田家、まちや倶楽部、尾賀商店、寺本邸、展望館)

開館時間:11:00~17:00

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

観覧料:<全館チケット> 一般1,000円(900円)、高大生900円(800円)

    <一館チケット> 300円 ※中学生以下無料 

    ※障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金

    チケットはNO-MAと白雲館で販売しています(会期中)。

 

詳しくは以下のリンクよりご覧ください。

https://www.no-ma.jp/?p=19038

【さわるな ポストカード】

太田明日香さんの詩のためのポストカードをつくらせていただきました。
最近始めた言葉のドローイングで、「さわるな」を描きました。

言葉のドローイングは、インスタグラムからご覧いただけます。

https://www.instagram.com/zawasawako/

【エッセイを書きました。】

大阪保険医雑誌にエッセイを寄稿しました。仏の手コレクションについて書いています。

【エッセイを書きました。】

京都造形芸術大学通信教育課程のWEBマガジン『アネモメトリ』の『手のひらのデザイン』というコーナーに、エッセイを書かせていただきました。
道具について、というお題から、道具へのこだわり、これまでの制作、特に切り紙作品について書いてみました。

https://magazine.air-u.kyoto-art.ac.jp/tenohira/7056/

【信仰展 インタビュー掲載ー好書好日ー】

開催中の展覧会ALLNIGHT HAPS 2018 後期「信仰」展での藤野可織さんとの作品について、太田明日香さんによるインタヴュー記事が公開されました。

 

書評をはじめとする朝日新聞の書籍関連記事や、話題の著者のインタビューや多彩な連載陣によるコラムなどのWEBオリジナル企画を数多く掲載されている、好書好日というサイトです。

 

無数の意味に絡めとられた女性像を解きほぐす「信仰」#3 谷澤紗和子×藤野可織展

【信仰 ALLNIGHT HAPS 2018 後期】

会期:2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月24日(日)
キュレーション:谷澤紗和子


出展作家: 
vol.1 碓井ゆい 2018年11月23日(金・祝)~2019年1月6日(日)
vol.2 温田山  2019年1月12日(土)~2月11日(月)
vol.3 谷澤紗和子×藤野可織 2019年2月16日(土)~3月24日(日)


展示時間 18:00〜9:30(翌日朝)

 

アーティストトーク(碓井ゆい×谷澤紗和子)&オープニングパーティー
2018年11月23日(金・祝)
18:00〜(17:50開場)アーティストトーク
19:00〜 オープニングパーティー 予約不要・入退場自由
トーク定員:20名(先着順)※会場の広さから着席数に限りがございます。ご了承ください。
会費:無料

 

会場 HAPSオフィス1F(京都市東山区大和大路通五条上る山崎町339)


主催 東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
支援 平成30年度 文化庁文化芸術創造活用拠点形成事業
助成 公益財団法人 朝日新聞文化財団

 

ALLNIGHT HAPS 2018 後期

【龍野アートプロジェクトinクラクフ】

龍野アートプロジェクトinクラクフ
ポーランドの古都クラクフと龍野をダイレクトにつないで、龍野アートプロジェクトinクラクフを日本美術技術博物館マンガ(クラクフ、ポーランド)にて開催します。
今年で8年目となる龍野アートプロジェクトの成果を示すとともに、日本とポーランドの交流を促し、芸術文化を通じた更なる国際交流と発信の実現を目指します。
クラクフでは作品ガイドツアー、シンポジウム、ワークショップ、そしてポーランド作家の映像と共に、薮田翔一作曲のコンサートを開催します。

会 期:2018年9月8日~10月28日※オープニング9月7日18時~
開館時間:10時~18時
入場料:一般20PLN(約600円)
会 場:日本美術技術博物館マンガ
ul. M. Konopnickiej 26, 30-302 Krakow
tel.: 0-12 / 267 27 03, 267 37 53 fax: 0-12 / 267 40 79 
http://www.manggha.krakow.pl/
芸術監督 加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部・美術研究科教授) 

主催: 日本美術技術博物館マンガ/龍野アートプロジェクト
助成: 平成30年度日本万国博覧会記念基金助成金/
    公益財団法人朝日新聞文化財団
協賛: 資生堂
協力: ポーランド広報文化センター/Culture.pl/ アートde元気ネットワークひょうご推進会議 
後援:たつの市

参加作家
美術:ジェレミー・アンドレ/ミロスワフ・バウカ/ピョトル・ボサツキ/カロリナ・ブレグワ/アグニェシュカ・ポルスカ/アレクサンデル・ヤニツキ/稲 垣元則/犬丸暁/井上いくみ/今村遼佑/大舩真言/笠木絵津子/桐月沙樹/小谷真輔/佐藤文香/芝田知佳/谷澤紗和子/東影智裕/松井智恵/松谷武判/宮 永匡和

音楽:薮田翔一(作曲) 演奏:山内静(クラリネット)/岩崎宇紀(ピアノ)/小野村友恵(ヴァイオリン)
Artists: Jérémy ANDRÉ(SPELKA), Mirosław BAŁKA, Piotr BOSACKI, Karolina BREGUŁA, Agnieszka POLSKA, Aleksander JANICKI, INAGAKI Motonori, INUMARU Akira, INOUE Ikumi, IMAMURA Ryosuke, OFUNE Makoto, KASAGI Etsuko, KIRIZUKI Saki, KOTANI Shinsuke, SATO Fumika, SHIBATA Chika,

TANIZAWA Sawako, HIGASHIKAGE Tomohiro, MATSUI Chie, MATSUTANI Takesada,

MATSUTANI Takesada MIYANAGA Masakazu,
Composer; YABUTA Shoichi
Players: IWASAKI Uki (Pf.), ONOMURA Tomoe(Vn.), YAMAUCHI Shizuka(Cl.)

【棒に贈】

VOU 3周年記念企画
「棒に贈 -Vou ni Zou-」展
.
2018年4月27日(金)~5月8日(火)
16:00-22:00 会期中無休 @voukyoto
.
5月1日(火) 16:00-22:00
3周年記念パーティー
.
2018年5月1日にVOUがオープンから3周年を迎えます。
オープンから現在までの3年の間に、当ギャラリーで企画展を行った作家やブランド、計40組が一同に作品を出品する展覧会を開催します。
テーマは「VOU/棒への贈り物」
各作家がVOUの3周年に贈る作品を予算3000円までで制作します。作品はVOUに贈与され保管されるため、販売は行いません。
平面や陶芸作家の個展、インスタレーション展示、アパレルのポップアップなど、多種多様な企画を行ってきたVOUでしかありえないラインナップの展覧会です。是非ご来場ください。
.
今 村能章 | 折田治代 | THE COPY TRAVELERS | 谷澤紗和子 | 堀江まや | 小笠原周 | chankae | 國政サトシ | UC EAST | pons bon design | 藤倉翼 | 大橋裕之 | 迫鉄平 | 久保満里子 | Yeka Haski (BADASS GALLERY) | itou | Read Thread | ENTERTAINMENT | 内田恵利 | 21% | SILK LOAD (mt.chills×UKUU PROJECT) | ばばりか | 集会 | 片山達貴 | 小松千倫+前田耕平 | 九鬼知也 | 中村穣二 | 三重野龍 | DAISAK | しんご | 金井悠 | bonna nezze kaartz | KASENO JONES | 西雄大 | 桑園創 | 大江志織 | 石黒健一 | NAZE | lee (asano+ryuhei) | 鮫島ゆい (順不同)

【THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017】

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017に、うんとこスタジオで参加します。
小さな作品集やポスター等々持って行きます。

 

会期:2017年10月5日(木)~10月8日(日)
会場:寺田倉庫
   東京都品川区東品川2-6-10(地図)

SECTION : Z | BOOTH : Z-051

 

プレビュー・オープニングレセプション
日時:2017年10月5日(木)15:00〜21:00
入場料:1,000円

 

会期:2017年10月6日(金)12:00〜20:00
   2017年10月7日(土)12:00〜20:00
   2017年10月8日(日)11:00〜19:00
入場料:無料

 

http://tokyoartbookfair.com/

 

 

 

Photo:©Elena Tutatchikova

【アーティストリレートーク】

開催中の東アジア文化都市 2017 京都ーアジア回廊 現代美術展の関連イベントとして、

アーティストリレートークに参加します。

一番最後ということで、当日気絶しそうなほど緊張していると思われますが、

最後まで残ってくださった方のために一生懸命話しますので、是非お運びください。

 

 

アーティストリレートーク Vol. 4

2017.9.9(土)

 

13:00-13:40 中村裕太+谷本研

13:40-14:20 久門剛史

14:20-15:00 伊藤存

15:10-15:50 中原浩大

15:50-16:30 谷澤紗和子

 

開催日時:2017年9月9日(土)

会  場:京都芸術センター フリースペース

http://asiacorridor.org/event/2164/

 

 

 

【開催中の東アジア文化都市 2017 京都 アジア回廊 現代美術展 にて、作品が当たります】

現在開催中の「アジア回廊 現代美術展」で展示されている作品写真を撮って、

Instagramに #asiacorridor のハッシュタグをつけて投稿。

会期終了後に、アーティストとディレクターが気に入った写真を選出。

記念品として下記の貴重なプレゼントや作品が贈られます。

私の作品は、小さな貝と陶の作品となります。

是非ご参加ください。

 

http://asiacorridor.org/2130/

 

 

【開催中の東アジア文化都市 2017 京都 アジア回廊 現代美術展が紹介されました。】

毎日新聞

アジア回廊 現代美術展 世界遺産背景に快作

アジア回廊 現代美術展 世界遺産背景に快作=評・永田晶子

【東アジア文化都市2017京都 -アジア回廊- 現代美術展】

東アジア文化都市 2017 京都ーアジア回廊 現代美術展に参加します。


2017年8月19日(土)ー10月15日(日)

会場:二条城、京都芸術センター

 

http://www.asiacorridor.org/

【森、道、市場 2017】

愛知県にて開催される、「森、道、市場 2017」

うんとこスタジオで出店します。

 

「森、道、市場 2017」

 

2017年5月12日(金)〜14(日)

 

※12日は前夜祭のみで、うんとこスタジオの出店はありません。ご注意ください。

 

 

 

【TOKYO ART BAZAAR】

TOKYO ART BAZAAR 2017.2.18 sat / 2.19 sun

 

【むろ】

谷澤紗和子「むろ」 企画:天野一夫

See Saw gallery + hibit

10月15日(土)~10月29日(土)

 

トークイベント 10月15日(土 )17:00~ 終了後レセプション

登壇者: 谷澤紗和子(美術作家)×天野一夫(美術評論家)

 

 

See Saw gallery + hibit

http://www.cafe-see-saw.com/

〒467-0041 名古屋市瑞穂区密柑山町2-29

地下鉄名城線「総合リハビリセンター」駅徒歩3分

営業時間

水・木|12:00- 17:00

金・土|12:00- 19:00

定休日:日・月・火

 

企画者の天野一夫さんによるテキストが、以下のリンクのpdfファイルの7ページ目に掲載されています。

http://www.cafe-see-saw.com/pdf/201608.pdf

【高松コンテンポラリーアートアニュアルvol.05「見えてる風景/見えない風景」】

光と切り紙による大型のインスタレーションの発表を準備しています。
また、特別展示として、藤野可織さんとの共作、「無名」も再び公開致します。

初日の8日には藤浩志さんを招いてのアーティストトーク、

9日にはこどもに向けたワークショップも開催されます。

 

会期:2016年10月8日(土)~2016年11月6日(日)
会場:高松市美術館
休館日:会期中無休
開館時間:9:30~19:00
(但し日曜日は17:00閉館/入室は閉館30分前まで)

 

詳細は以下より。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/…/exhi…/ex/20161008.html

 

 

【THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016】

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016に参加します。


出展日は、9月18日(日)19日(月祝)です。


うんとこスタジオブースより。
藤野可織さんとのコラボレーション展「無名」のアーカイブ本、
ドローイング集、
近作をまとめた作品集などなど持って行きます。
よろしくお願い致します。

http://tokyoartbookfair.com/

 

2016年9月18日(日)12:00〜20:00

2016年9月19日(月・祝日)11:00〜19:00

 

入場無料

 

東京都港区北青山1-7-15

京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

【TOKYO ART BOOKAKE FAIR】

TOKYO ART BOOKAKE FAIRに参加します。

 

TOKYO ART BOOKAKE FAIR vol.4|第四回 東京アートぶっかけフェアーFINAL
開催日時:

8月26日(金)19:00〜22:00

8月27日(土)12:00〜20:00

8月28日(日)12:00〜20:00
※入場無料

会場:Stall Baggage (THE WORKS 2F)
〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS 2F
TEL.03-6416-4647
http://theworks.tokyo

アクセス:東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」出口より徒歩12分、東急田園都市線「池尻大橋駅」東口より徒歩8分

 

この度、東西南北から新進気鋭のアーティストが集結するアートの祭典、TOKYO ART BOOKAKE FAIR / 東京アートぶっかけフェアー、待望の第四回目にして最後となる開催をいたします。

アーティストの加賀美健とVOILLDの独断と偏見により選抜された、40組を超えるアーティスト陣による、ここでしか出会えない渾身のZINEやグッズ の販売はもちろん、展示、即興での作品制作販売など、なんでもありのこのイベント。盛況を迎えた過去の三回の開催が嘘だったかのように最終回を迎えます が、夏の締めくくりに相応しい、スペシャルな三日間となっております。
会場内ではとんだ林蘭によるスペシャルエキシビジョンも開催。最後のぶっかけフェアーのために制作された平面作品を展示いたします。是非足をお運びください。皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。

 

http://www.voilld.com/post/147034383369/tabkf04

【秋の展覧会のお知らせ】

愛知県名古屋市にあるsee sawギャラリーにて開催される佐藤克久さんの個展に合わせ、see sawギャラリーの新スペースhibitを会場に、三つの展覧会が開催されます。

そのうちの1つ、美術評論家の天野一夫さんの企画にて、作品を発表します。

 

展覧会
谷澤紗和子「むろ」

 

10月15日(土)~10月29日(土)

 

トークイベント10月15日(土)17:00~ 終了後レセプション
登壇者: 谷澤紗和子(美術作家)×天野一夫(美術評論家)
先着30名程度、予約不要

 

www.cafe-see-saw.com

【亡霊展のレビューがart scapeに掲載されました】

中井康之さん(国立国際美術館学芸課長)による亡霊展のレビューが、以下のサイトにて公開されました。

 

http://artscape.jp/report/curator/10125461_1991.html

【亡霊展のレビューが毎日新聞に掲載されました】

2016年6月29日(水)夕刊3面

【亡霊展のレビューが朝日新聞に掲載されました】

【亡霊展のレビューが京都新聞に掲載されました】

【アートブック「無名」を発行しました。】

谷澤紗和子と小説家の藤野可織による「無名」が本になりました。
現在開催中の展覧会、「亡霊-捉えられない何か」会場にて販売中です!
その他の販売についてはお問い合わせください。

 


「亡霊 ─ 捉えられない何か」
出展作家:オル太 / GABOMI. / 谷澤紗和子 / 山崎阿弥
特別出品:藤野可織

会期:2016年 6月4日(土)ー 7月3日(日)
*会期中の木曜日-日曜日 12:00-18:00(最終日は17:00まで)
会場:瑞雲庵(京都市北区上賀茂南大路町62-1)
https://goo.gl/maps/U4CUXDwd8962

主催:「亡霊」展実行委員会
キュレーション:吉岡恵美子
助成:公益財団法人 西枝財団
協力:京都精華大学
アートディレクション:豊永政史

http://n-foundation.or.jp/cn6/bourei2016.html

 


【NEVER MIND THE BOOKS】

札幌にて開催されるNEVER MIND THE BOOKSに参加します。

 

7.18 mon 11:00 START

at さっぽろテレビ塔2F しらかば・あかしあ・はまなす・すずらん

(札幌市中央区大通西1丁目)


NEVER MIND THE BOOKSは、DIYやセルフパブリッシングが好きな人のためのイベントです。制作・プリント・製本まですべて手作りのZINEや小冊子、フリーペー パー、漫画、印刷されたリトルプレスやアーティストブックなど、その内容は多岐にわたり、さまざまなジャンルが展示・販売し、作り手から直接購入すること ができます。

 

http://nevermindthebooks.com/

【亡霊 ─ 捉えられない何か】

歴史的景観が広がる上賀茂神社周辺の地域に佇む民家「瑞雲庵」を舞台に、展覧会「亡霊 ─ 捉えられない何か」を開催します。4 組の表現者たちがそれぞれの感性と身体的眼差しによって、我々の内と外に留まり流れゆくさまざまな不可視な存在に光をあてます。


出展作家:オル太 / GABOMI. / 谷澤紗和子 / 山崎阿弥
特別出品:藤野可織

 

会期:2016年 6月4日(土)ー 7月3日(日)

 

*会期中の木曜日-日曜日 12:00-18:00(最終日は17:00まで)

 月、火、水は休み。

 

会場:瑞雲庵(京都市北区上賀茂南大路町62-1)
https://goo.gl/maps/U4CUXDwd8962

 

【関連プログラム

 

オープニング・レセプション
日時:6月3日(金) 17:30‒19:30
※18:30 頃から15 分程度、山崎阿弥のパフォーマンスがあります。

 

アーティスト・トーク
出演:出品作家
日時:6月4日(土) 13:00‒14:30

 

●キュレーターによるギャラリートーク
6月11日(土) 15:00‒

 

ナイトクルーズ「谷澤紗和子×藤野可織×森林食堂」
谷澤紗和子と藤野可織の対談の後、展覧会鑑賞と森林食堂のカレーをお楽しみ頂くスペシャルイベントです。

日時:6月24日(金) 18:00‒20:30
定員:20名 (要予約、bourei2016@gmail.com 宛にメールで申込)

有料:2,000円 (森林食堂のカレーとワンドリンク付き)

 

●クロージング・イベント「山崎阿弥パフォーマンス」
日時:7月3日(日) 17:30‒18:30
定員:20名 (要予約、bourei2016@gmail.com 宛にメールで申込)
有料:1,000 円 (ワンドリンク付き)

※特に記載がないプログラムは無料、予約不要、会場は瑞雲庵となります。

 

※スケジュールや内容は変更する場合があります。最新情報は本展公式 Facebookでご確認下さい。
https://www.facebook.com/bourei2016

 

主催:「亡霊」展実行委員会
キュレーション:吉岡恵美子
助成:公益財団法人 西枝財団
協力:京都精華大学
アートディレクション:豊永政史

【森、道、市場】

愛知県が蒲郡市にて開催される、森、道、市場に出店致します。

 

http://mori-michi-ichiba.info/untoco/